12人のヴァイオリニスト オフィシャルサイト produced by 高嶋ちさ子

12人のヴァイオリニスト

ヴァイオリニスト高嶋ちさ子が、2006年に立ち上げた“観ても、聴いても、美しく、楽しい”ヴァイオリン・アンサンブル。
コンサートでは、クラシックの名曲のみならず、様々なレパートリーを12本のヴァイオリン・アレンジで演奏する。
個性豊かなメンバーがステージを彩り、お客様に参加していただくオリジナルコーナーや振り付けを加えた演奏など、ヴァイオリンという楽器をより身近に感じ、楽しんで頂けるようなコンサート作りを目指している。これまでに8枚のアルバムをリリース。
2021年結成15周年を迎え、同年9月からは高嶋ちさ子 12人のヴァイオリニスト「コンサートツアー2021〜2022」を36都市、44公演で開催。
また、単独コンサートツアーなども開催し、各種メディアにも出演。
幅広い世代に愛されている女性だけのヴァイオリン・アンサンブルである。

  • 岡本侑里子

    岡本侑里子

    Okamoto Yuriko

    桐朋女子高等学校音楽科(男女共学)を経て、桐朋学園大学音楽学部ヴァイオリン科卒業。サントリーホール ブルーローズにて開催される、第76回TIAA全日本クラシック音楽コンサートに選出される。オーケストラ奏者として、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2017、安倍圭子傘寿記念演奏会、第20回記念アルゲリッチ音楽祭 オーケストラ・コンサート(ソロ:Maria Martha Argerich/指揮:Myung-Whun Chung)に出演。第40回草津夏期国際音楽アカデミーにてPaolo Franceschini氏のマスタークラスを修了し、Gemma Bertagnolli氏の公開レッスン、Cornelia Herrmann氏の室内楽レッスンを受講。ロビーコンサートに選出され出演。これまでにソロを佐々木涼子氏、故 江戸純子氏、久保良治氏に、室内楽を磯村和英氏、漆原啓子氏、藤井一興氏、山崎伸子氏に師事。ストリングカルテット『Chou Chou Quartet』やピアノトリオなど、室内楽の演奏活動も精力的に行う。

  • 加藤あさこ

    加藤あさこ

    Kato Asako

    埼玉県出身。5歳よりヴァイオリンを始める。第31回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール第4位。第72回全日本学生音楽コンクール東京大会入選。第6回彩の国ストリングコンペティション最優秀賞。第7回Kジュニア&学生音楽コンクール第2位。第8回デザインK音楽コンクール第3位。第22回日本演奏家コンクール第3位、芸術賞、協会賞。これまでに水野佐知香、浅井千裕、野口千代光、篠崎史紀、徳永二男の各氏に師事。埼玉県立大宮光陵高等学校音楽科を経て、現在東京藝術大学音楽学部器楽科ヴァイオリン専攻4年在学中。

  • 小谷 泉

    小谷 泉

    Kotani Izumi

    兵庫県立西宮高校音楽科を経て、桐朋学園大学音楽学部を首席で卒業。第8回ベーテン音楽コンクール第1位。第24回日本クラシック音楽コンクール最高位。第5回クオリア音楽コンクール第1位、及び大賞。弦楽四重奏のメンバーとして桐朋学園室内楽演奏会に出演。県立西宮高校音楽科オーケストラでコンサートミストレスを、桐朋学園オーケストラでアシスタントコンサートミストレスを務める。これまでに室内楽を磯村和英、山崎伸子、三瀬和朗、藤原浜雄の各氏に、ヴァイオリンを土井千寿、曽我部千恵子、大谷玲子、漆原朝子、徳永二男の各氏に師事。

  • 里永莉果子

    里永莉果子

    Satonaga Rikako

    熊本県出身。4歳よりヴァイオリンを始める。2010年桐朋学園大学音楽部門入学、2014年同大学卒業後、桐朋学園大学研究科修了。これまでに、日本クラシックコンクール全国大会入選。楽興の時~室内楽セミナー&演奏会~にて篠崎史紀氏と共演。2013年ザルツブルクモーツァルテウム音楽院、夏期国際アカデミーにて、ピエール・アモイヤル氏のマスタークラス修了。これまでに、鶴和美、篠崎永育、篠崎史紀、篠崎功子の各氏に師事。

  • 杉浦愛佳

    杉浦愛佳

    Sugiura Aika

    愛知県碧南市出身。名古屋市立菊里高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学音楽学部を卒業。第33回子供のためのヴァイオリンコンクール金賞。レオニード・ソロコフ氏のヴァイオリンマスタークラスを受講。第69回全日本学生音楽コンクール名古屋大会入選。第10回横浜国際音楽コンクール第3位。第26回日本クラッシック音楽コンクール第2位(最高位)。第26回日本クラッシック音楽コンクール入賞者披露演奏会にてオーケストラと共演。第27回ブルクハルト国際音楽コンクール第4位。他多数のコンクールを受賞。桐朋学園大学 成績優秀者によるStudent’s Concert に出演。「桐朋学園宗次ホールオープニング・コンサート・シリーズ」リサイタルにて清水和音氏と共演。同シリーズのリサイタルにて宮本益光氏と共演。大学卒業試験による推薦を受け、読売新聞社主催 第44回読売中部新人演奏会に出演予定。2021年度公益財団法人山田貞夫音楽財団奨学生。これまでに室内楽を池田菊衛、山崎伸子、ヴァイオリンを谷地のぞみ、岡田祐美、森下陽子、植村太郎、野口千代光、漆原朝子、景山誠治、堀正文の各氏に師事。現在後進の指導と共に、演奏活動も積極的に活動している。

  • 橘ひとみ

    橘ひとみ

    Tachibana Hitomi

    3歳よりヴァイオリンを始め、18歳まで鈴木メソードにて印田礼二師に師事。2007年東京音楽大学に入学し、2013年、同大学院を卒業。ヴァイオリンを景山誠治、室内楽を浦川宜也 各氏に師事。2009年 全額奨学金を受け、ポルトガルで開催されたヴィアナドカステロ音楽祭に参加。2012年ソロリサイタル開催、第6回横浜国際音楽コンクール第3位。現在は演奏活動だけでなく、後進の指導も積極的に行っている。

  • 月嶹アミ

    月嶹アミ

    Tsukishima Ami

    兵庫県出身。第1回全日本芸術コンクール中学生の部銀賞、第15回長江杯国際音楽コンクール最高位、第16回大阪国際音楽コンクール入選、第33回摂津リトルカメリアコンクール金賞、併せて大阪府知事賞受賞。2016年ウィーン国立音楽大学夏季セミナーに受講費免除でEdward Zienkowski(エドワード・ツェンコフスキ)クラスを受講。Pacific Music Festival2017メンバー。兵庫県立西宮高校音楽科、東京藝術大学音楽学部器楽科を卒業。これまでに日本センチュリー交響楽団と共演。加納千春、小栗まち絵、漆原朝子、植村太郎の各氏に師事。

  • 甚目和夏

    甚目和夏

    Hadame Waka

    愛知県出身。桐朋学園大学音楽学部卒業。第39回読売中部新人演奏会出演。第10回横浜国際コンクールにて第3位及びパリエコールノルマル音楽院の奨学金賞を受賞。2年間の学費全額免除を受け2017年9月から渡仏し、2019年の夏に完全帰国。パリエコールノルマル音楽院の演奏高等課程ディプロムをソロ、室内楽共に審査員満場一致で取得。2019年、コンサーティスト課程のディプロムを取得。これまでにヴァイオリンを長谷川敏子、豊田弓乃、レジス・パスキエの各氏に師事。室内楽を徳永二男、漆原啓子、エマニュエル・ジラール、藤井一興、田崎悦子、シャンタル・ドビュッシーの各氏に師事。2020年より、洗足音楽大学の準演奏補助員。現在、後進の指導と共にオーケストラやレコーディング、アーティストのライブサポート等でも積極的に活動している。

  • 福田ひろみ

    福田ひろみ

    Fukuda Hiromi

    2016年第85回日本音楽コンクール第3位入賞。第2回Ysaye International Music Competition第2位。東京音楽大学及び大学院を全額免除特別特待奨学生として在籍及び首席で卒業。これまで広上淳一、現田茂夫、田中裕子氏及び日本フィルハーモニー交響楽団等と共演。全日本学生音楽コンクール大阪大会にて第1位、またIMA音楽賞、松方ホール音楽賞奨励賞を受賞など多数のコンクールや賞を受賞。2015年度青山音楽財団奨学生。ラフォルジュルネオジャポン音楽祭をはじめとして日本各地にてリサイタルを行う。宮崎国際音楽祭や東京春音楽祭等に出演している。NHK FM リサイタルノヴァに出演。現在、東京音楽大学指揮科特別アドヴァイザーとして後進の指導にもあたる。

  • 藤田花観

    藤田花観

    Fujita Hanami

    千葉県生まれ。4歳よりバイオリンを始める。第7回千葉県管弦打楽器ニューイアーコンペティション 最優秀賞。第22.24回日本クラシック音楽コンクール 全国大会入選。第18回日本演奏家コンクール大学生の部 協会賞。第20回 長江杯国際コンクール 大学生の部 第2位。第19回 大阪国際音楽コンクール 弦楽器部門 Age-U入選。ウィーン国立音楽大学夏季セミナーに受講費免除にて参加。ディプロマ取得。エドワード・ツェンコフスキーに師事。その他ミュージックセミナーinゆうばり等に参加。これまでにバイオリンを田川美和、(故)佐々木陽子、佐近協子、豊田弓乃の各氏、室内楽を漆原啓子、佐藤勝重に師事。2019年3月桐朋学園大学音楽学部卒業。

  • 三上のどか

    三上のどか

    Mikami Nodoka

    4歳よりヴァイオリンを始める。第12回全日本芸術コンクール音大の部優秀賞。第12回ベーテン音楽コンクール大学生の部優秀賞。第7回クールジュベール国際アカデミーinかさま においてドン=スーク・カン、ザハール・ブロン各氏のマスタークラスを受講。2017年調布市国際音楽祭、ヴィオラスペース2019に参加。鹿児島県の福祉施設てのアウトリーチを定期的に行う。これまでにヴァイオリンを天野晴司、伊藤かすみ、辰巳明子、江藤久美子、各氏に師事。室内楽を磯村和英、銅銀久弥、山田富士子、岩下佐和子、漆原啓子、神谷美千子各氏に師事。桐朋学園附属子供のための音楽教室(高崎・仙川)、桐朋女子高等学校音楽科を経て桐朋学園音楽部を卒業。

  • 箕輪安佑子

    箕輪安佑子

    Minowa Ayuko

    3歳よりヴァイオリンを始める。6歳より桐朋子供のための音楽教室、桐朋女子高等学校音楽科(男女共学)を経て、桐朋学園大学音楽学部4年在学中。アカデミア・ユリコ・クロヌマサマーセミナー(メキシコ)に参加。ウィーン国立音楽大学夏季セミナーを受講費免除で参加。セミナー内ディヒラーコンクール第2位。第58回鎌倉市学生音楽コンクール 小学校高学年の部 第2位(最高位)。第32回かながわ音楽コンクール中学生の部 特選。第2回スペイン音楽国際コンクール 第3位などその他コンクールにて入賞。A.ユストゥス、E.ツェンコフスキー各氏のレッスンを受講。これまでにヴァイオリンを稲葉百合子、松宮麻希子、梅津南美子、梅津美葉の各氏に、現在、豊田弓乃氏に師事。室内楽を池田菊衛、木越洋、銅銀久弥の各氏に師事。

  • 米岡結姫

    米岡結姫

    Yoneoka Ibuki

    兵庫県出身。4歳よりヴァイオリンを始める。第66 回全日本学生音楽コンクール大阪大会小学校の部第3位。全国大会入選。第7回デザインK音楽コンクール高校生の部第3位。第8回同コンクール大学生の部第3位。第20回大阪国際音楽コンクール弦楽器部門Age-Uエスポワール賞。鈴木織衛指揮、日本演奏連盟新進演奏家育成プロジェクトオーケストラ・シリーズ第56回 仙台にて仙台フィルハーモニー管弦楽団と共演。2021年 学内成績優秀者によるStudentConcert大学生の部に出演。これまでに景山映子、杉江洋子、小川有紀子、野口千代光の各氏に指導を受け、現在徳永二男、三浦文彰の各氏に師事。室内楽を磯村和英、入江一雄、菊地知也、水谷晃、山崎伸子の各氏に師事。常盤木学園高等学校音楽科を経て、現在桐朋学園大学音楽学部3年在学中。

  • 盧 佳那

    盧 佳那

    Roh Kana

    1994年ニューヨーク生まれ。幼少よりヴァイオリンを始め、数々のコンクールにて入賞。第56回鎌倉学生コンクール第2位。第13回日本演奏家コンクール全国大会入賞。第23回日本クラシック音楽コンクール全国大会入賞。第21回河口湖ヴァイオリンセミナーでは優秀者に選出されハーフリサイタルを開催。これまでに伊草まり子、仕明皓生、窪田茂夫、漆原朝子、徳永二男の各氏に師事。桐朋女子高等学校音楽科を経て、同大学音楽学部を卒業。後進の指導と共に、ソロでの活動も精力的に行なっている。