12人のヴァイオリニスト オフィシャルサイト produced by 高嶋ちさ子

12人のヴァイオリニスト

ヴァイオリニスト高嶋ちさ子が、2006年に立ち上げた“観ても、聴いても、美しく、楽しい”ヴァイオリン・アンサンブル。
コンサートでは、クラシックの名曲のみならず、様々なレパートリーを12本のヴァイオリン・アレンジで演奏する。
個性豊かなメンバーがステージを彩り、お客様に参加していただくオリジナルコーナーや振り付けを加えた演奏など、ヴァイオリンという楽器をより身近に感じ、楽しんで頂けるようなコンサート作りを目指している。これまでに8枚のアルバムをリリース。
2016年結成10周年を迎え、7月に高嶋ちさ子 12人のヴァイオリニスト名義でニューアルバム「MUSE~12 Precious Harmony~」を発売。
同年9月からはコンサートツアー、10th Anniversary 高嶋ちさ子 12人のヴァイオリニスト「MUSE~Best 12 Harmony~」を各地で開催。
現メンバーは14名在籍。(2016年12月現在)幅広い世代に愛されている女性だけのヴァイオリン・アンサンブルである。

  • 赤星鮎美

    Akahoshi Ayumi

    4歳よりヴァイオリンを始め、東京音楽大学付属高校、同大学を経て、同大学院研究科修了。 第11回九州音楽コンクール弦楽部門にて金賞及び最優秀賞受賞。 第2回FUGA国際音楽コンクールにて金賞及び準スープリーム賞受賞。 草津国際音楽アカデミーマスタークラス修了。 第11回かのやオーケストラ定期演奏会にて、ソリストを務める。 2012年熊本県にてミニリサイタル開催。2013年劇団Tip Tapミュージカル「count down my life」バンドメンバーとしてニューヨーク国際フリンジフェスティバル出演。 これまでにヴァイオリンを伊賀純子、大谷康子、海野義雄などの各氏に師事。 現在様々なジャンルでの演奏活動の他、オーケストラクラブ等での後進の指導や、FM湘南ナパサ《赤星鮎美の奏でストーリー》パーソナリティを務めるなど幅広く活動している。

  • 石崎諒子

    Ishizaki Ryoko

    1歳前後より母にヴァイオリンの手解きを受ける。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、東京藝術大学音楽学部を卒業。第52・55回全日本学生音楽コンクール東日本大会、第11・14回日本クラシック音楽コンクール、第8回江藤俊哉ヴァイオリンコンクールにおいて、いずれもファイナリスト。2006年、第二回ルーマニア国際音楽コンクール室内楽部門優勝。2012年より1年間パリ・エコールノルマル音楽院に留学。満場一致の第一位でディプロマを取得後帰国。現在、演奏活動の他に後進の指導も積極的に行っている。これまでに、山岡耕筰、山岡みどり、宇野沢美緒、故田中千香士、澤和樹、山崎貴子、石崎俊子、ジョン・ムイエールの各師に師事。

  • 大庭絃子

    Oba Itoko

    4歳よりヴァイオリンを始める。桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学音楽学部 を卒業。同大学研究科在籍。第4回日本イタリア協会コンコルソ 金賞。第21,22回 日本クラシック音楽コンクール 全国大会入選。第59回東京国際芸術協会 新人演奏会 出演。草津夏期国際音楽アカデミーにてP.アモイヤル、P.フランチェスキーニ各氏のマスタークラス修了し、第35,36回 ファイナルコンサート出演。フランス ロレーヌ夏期国際アカデミー に参加し、Jr.ソリスト選抜、ロレーヌ地方各地で演奏。フィンランドロヒアマスタークラス修了、ガラコンサート出演。同年、於駐日セルビア大使館で行われたミシュコ・プラーヴィ来日記念コンサートにてリベルタンゴを共演。認定NPO法人 トリトン・アーツ・ネットワーク 室内楽アウトリーチ 2016年度ヴァイオリン奏者。Miss World Japan2015ファイナリストおよびタレント賞受賞。これまでにヴァイオリンを上西玲子、加藤知子、漆原啓子の各氏、室内楽を徳永二男、藤原浜雄、ジラール エマニュエル各氏に師事。

  • 亀井友莉

    Kamei Yuri

    3歳よりヴァイオリンを始める。 9歳でインドネシア大学オーケストラに参加。 東京音楽大学付属高等学校を経て東京音楽大学を卒業。現在同大学院科目等履修生。 日墺文化教会フレッシュコンクール奨励賞。 クラシックのみならず、様々なアーティストのLIVEサポートやレコーディング、舞台などに参加。 韓国ミュージカル俳優トーク&コンサートシリーズに出演。 音楽劇「ルードウィヒ・B ~ベートーヴェン 歓喜のうた~」(音楽監督・千住明)東京公演にDelight Quintetのヴィオラ奏者として出演。 HAT'S MUSIC FESTIVAL vol.1〜葉加瀬太郎・高嶋ちさ子・古澤巌〜3大ヴァイオリニストツアー〜にストリングスメンバーとして参加。 これまでに、西田博、白石禮子の両氏に、現在篠崎功子、藤原浜雄の両氏に師事。

  • 小泉茉耶

    Koizumi Maya

    東京藝術大学音楽学部器楽科バイオリン専攻を卒業後、奨学金を得て英国王立北音楽院へ留学。 ウィーン・ベートーヴェン国際コンクール(オーストリア)第3位、鎌倉市学生音楽コンクール第1位、YBP国際音楽コンクール第2位、日本演奏家コンクール第3位、併せて協会賞受賞、大阪国際音楽コンクール第3位、他受賞。 飛騨高山音楽祭、クールシュベール国際アカデミー、ザルツブルグ国際音楽祭に参加、選抜演奏会及び教会コンサートにて演奏する。 弦楽四重奏の第1バイオリニストとして、また弦楽合奏のメンバーとしてイギリスのバーミンガムやランカスターにて演奏。 東京にてリサイタルを行う。またオーケストラとモーツァルトのバイオリン協奏曲を共演。 これまでに佐々木涼子、田渕彰、沼田園子、清水高師、岡山潔、エスター・ペレーニ、ヤール・クレスの各氏に師事。

  • 小泉奈美

    Koizumi Nami

    神奈川県出身。4歳よりヴァイオリンを始める。桐朋学園大学音楽学部附属「子供のための音楽教室」仙川教室にて音楽教育を受ける。桐朋学園女子高等学校音楽科、桐朋学園大学音楽学部卒業。第23回日本クラシック音楽コンクールにて全国大会入賞。2014年2月、テレビ朝日「なんでも!クラシック2014」“英雄の生涯オーケストラ”メンバーとして出演。ライブ録音がナクソス・ジャパンよりCD化。同年7月より「高嶋ちさ子12人のヴァイオリ二スト」メンバーに入団。また、日本テレビ『今夜くらべてみました』や、テレビ朝日『関ジャニ∞のTheモーツァルト 音楽王No.1決定戦』にてバイオリン王決定戦に出演。2015年、第63回TIAA全日本クラシック音楽コンサートに出演し奨励賞受賞。これまでに鈴木亜久里、海野義雄、藤原浜雄の各氏に師事。


  • 里永莉果子

    Satonaga Rikako

    熊本県出身。4歳よりヴァイオリンを始める。2010年桐朋学園大学音楽部門入学、2014年同大学卒業後、桐朋学園大学研究科修了。これまでに、日本クラシックコンクール全国大会入選。楽興の時~室内楽セミナー&演奏会~にて篠崎史紀氏と共演。2013年ザルツブルクモーツァルテウム音楽院、夏期国際アカデミーにて、ピエール・アモイヤル氏のマスタークラス修了。これまでに、鶴和美、篠崎永育、篠崎史紀、篠崎功子の各氏に師事。

  • 芹田 碧

    Serita Aoi

    長崎県出身。3歳よりヴァイオリンを始める。 幼少から数々のコンクールにて入賞。桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学音楽学部を卒業。同研究科、推薦生としてオーケストラアカデミーを修了。在学中、第12回九州音楽コンクール弦楽器部門最優秀賞、第22回日本クラシック音楽コンクール全国大会第4位など多数受賞。桐朋学園大学の推薦を得て2015年度Pacific Music Festivalにも参加。これまで篠崎功子、ゲラルド・シューベルト、戸田弥生、漆原啓子の各氏に師事。大学在学中より12人のヴァイオリニストメンバーに加入。2016年、HATS MUSIC FESTIVAL vol.1〜葉加瀬太郎・高嶋ちさ子・古澤巌~3大ヴァイオリニストツアー~にストリングスメンバーとして参加。現在、レコーディングやアーティストのライブサポート等で幅広く積極的に活動している。

  • 竹内 愛

    Takeuchi Ai

    名古屋市生まれ。4歳よりヴァイオリンを始める。1998年全日本学生音楽コンクール名古屋大会小学校の部第1位、翌年同コンクール中学校の部第1位。第11回日本クラシック音楽コンクール全国大会最高位(1位なし第2位)。2005年ストラディバリウスコンクール第3位。これまでに神奈川フィルハーモニー交響楽団、東京ニューシティ管弦楽団などと共演。原田幸一郎、(故)工藤千博、若林暢、ザハール・ブロン、藤原浜雄、漆原朝子の各氏に師事。2009年東京芸術大学音楽学部卒業。

  • 橘ひとみ

    Tachibana Hitomi

    3歳よりヴァイオリンを始め、18歳まで鈴木メソードにて印田礼二師に師事。2007年東京音楽大学に入学し、2013年、同大学院を卒業。 ヴァイオリンを景山誠治、室内楽を浦川宜也 各氏に師事。2009年 全額奨学金を受け、ポルトガルで開催されたヴィアナドカステロ音楽祭に参加。2012年ソロリサイタル開催、第6回横浜国際音楽コンクール第3位。現在は演奏活動だけでなく、後進の指導も積極的に行っている。

  • 但馬有紀美

    Tajima Yukimi

    5歳よりヴァイオリンを始める。桐朋学園大学附属子供のための音楽教室(札幌、目黒)に入室。桐朋女子高等学校音楽科を経て、2014年、桐朋学園大学音楽学部音楽学科卒業。2016年3月、桐朋学園大学院大学音楽研究科・演奏研究専攻(修士課程)を修了。2012年、ウィーン国立音楽大学セミナーにおいて、アレクサンダー・アレンコフ氏に師事。ディプロマを取得。2013年、第15回日本演奏家コンクール 弦楽器部門 大学の部 奨励賞。2014年、第16回ブルクハルト国際音楽コンクール 弦楽器部門 第4位(1,2位なし)。2015年、第20回KOBE国際音楽コンクール 弦楽器C部門(大学・一般)優秀賞。同年、第17回日本演奏家コンクール 弦楽器部門 一般Aの部 特別賞。これまでにヴァイオリンを福島紫、勅使河原真実、藤原浜雄の各氏に師事。室内楽を景山誠治、三輪郁、毛利伯郎、北本秀樹、徳永二男、藤井一興、銅銀久弥、上田晴子の各氏に師事。

  • 友田 絢

    Tomoda Aya

    1990年、神奈川県鎌倉市生まれ。4歳よりバイオリンを始め、5歳より子供のための音楽教室に入室。桐朋女子高等学校音楽科を経て、2013年桐朋学園大学音楽学部を卒業。現在、桐朋評議員としても桐朋学園に貢献。これまでに繁桝百合子、菊池愛、徳永二男の各氏に、室内楽を毛利伯郎、藤原浜雄、徳永二男の各氏に師事する。大学2年生の時に高嶋ちさ子12人のヴァイオリニストに最年少での入団をし、日本中で演奏している。日本だけではなく、中国大連での演奏経験もある。メディア出演も多数こなし、ラジオにも1年間出演した。三井住友銀行の支店コンサートや、ピアニスト遠藤郁子氏とデュオで共演の他、多数演奏会、数々のオーケストラ、レコーディングに参加し、称賛をあびている。ジブリ美術館での演奏経験もあり、クラシックだけではなく、色々なジャンルで活躍。

  • 中島知恵

    Nakajima Tomoe

    桐朋学園女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学音楽学部演奏学科卒業。同大学研究科修了。在学中、桐朋学園オーケストラコンサートミストレスを務める。フランス・クールシュヴェール国際音楽アカデミー、モーツァルテウム音楽院夏期国際音楽アカデミー等にて研鑽を積む。第6回クラシック音楽コンクール奨励賞受賞。これまでに、ポルトガル、ザルツブルク音楽祭に参加。モーツァルト生誕250周年特別演奏会 協奏曲の夕べにて、メニューイン音楽院で教鞭をとるヴァイオリニスト、ルッツ・レスコヴィッツ主宰ザルツブルクゾリステンと共演。現在、高嶋ちさ子12人のヴァイオリニストサブリーダー。

  • 盧 佳那

    Roh Kana

    1994年、ニューヨーク生まれ。幼少よりヴァイオリンを始め、数々のコンクールにて入賞。第56回鎌倉学生コンクール第2位。第13回日本演奏家コンクール全国大会入賞。第23回日本クラシック音楽コンクール全国大会入賞。第21回河口湖ヴァイオリンセミナーでは優秀者に選出されハーフリサイタルを開催。これまでに井草まり子、仕明皓生、窪田茂夫、現在は徳永二男、漆原朝子の各氏に師事。桐朋女子高等学校音楽科を経て、現在同大学音楽学部4年に在学中。